スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究テーマ

現在の主なテーマ・プロジェクト

【科研A(分担)2015-2017】地域生態系の枠組みにおける森林消失と貧困の関係の研究

この研究はバングラデシュ・テクナフ半島を研究対象地として、森林消失と貧困の関係を明らかにするものである。特に、森林消失における貧困層の役割、森林維持のための方策による貧困層への影響を、人間を含む地域生態系の枠組みで明らかにすることを目的とする。発展途上国では貧困層の自然資源への依存度は高く、貧困層がその生計維持のために収奪的利用を行った結果、環境劣化につながる事例が多い。研究対象地において、森林の活性度と周辺集落の属性との相関関係、貧困層の自然資源への依存度、現地における森林資源の潜在的生産量を推定し、貧困層が当地の森林消失にどのように関わっているかを量的に評価する。さらに、現在の利用量、生産限別生産量、森林資源の地域内外移動から、森林の資源循環をモデル化し、貧困層の自然資源への相対的依存度から貧困層の生計を犠牲にしない森林再生の方向性を検討する

【共同研究(分担)2015】那珂川町総合戦略及び人口ビジョン策定に関する共同研究

本研究室では福岡県那珂川町の自然系資源に着目し、特に、今後の農山村の人口維持に関る条件を探索するため、旧南畑村の集落を対象に、現在の人口構成や他出の状況、および、居住年齢別に生活を、この地域で営む利点と課題を分析し、利点の強化、課題の改善を視野に、自然系の戦略を描いていく。

スギ・ヒノキ人工林の群状間伐による混交林の育成に関する研究

本研究は、間伐が遅れ、風害等を受けたスギ・ヒノキ人工林を対象に、木材生産だけではなく、多面的な森づくりの1実施形態として群状間伐施業による広葉樹種の育成を行うものです。これまで森林ボランティアは皆伐地での植林や下刈り作業などを行ってきましたが、限られた労働量の中で長期にわたる関わりは難しいものがあります。一方、植林を望む声は大きいのですが、新規に植林できる土地は少なく、間伐等の保育が必要とされているのが現状です。本研究は、市民団体と連携し、パッチワークの森づくりと題した活動を行いながら、苗木の成長や林内の光環境等に関する調査を進めている。

できることからはじめよう パッチワークの森づくり 山村塾

これまでの主なテーマ・プロジェクト

【JST-RISTEX 2012-2015】中山間地水害後の農林地復旧支援モデルに関する研究

RISTEX_Logo1.jpg

2012年7月の集中豪雨により、八女市など九州北部の中山間地域は多大な被害を被った。今後、豪雨による災害の頻度は増加することも想定され、中山間地の回復可能性を高める新たな仕組みの確立は急務の課題である。 本プロジェクトでは、中山間地における水害に対して、被災前から農林地の保全活動を展開し、平常時からの取り組みを災害時にも継続的に展開可能とする農林地復旧支援モデルの構築を目的とする。具体的には、八女市において被災集落やそこで活動するNPOなどの協力を得て、被災から現状に至る聞き取り調査、景観調査を行う。さらに本成果を一般化し他の中山間地でも活用できるよう、中長期的にわたり農林地、自然環境の復旧支援に資する地域-NPO協働型の農林地復旧支援モデルの立案に寄与することを目指す。

九大 災害後の農地復旧_ページ_01 研究成果として2016年3月に「農地復旧のための共助支援の手引き」を制作・公開しました。

 農地復旧のための共助支援の手引きダウンロードサイト」(九州大学)  

関連ブログはこちら。

研究の採択に関し、ブログに掲載しました。JSTにリンクを張っています。

夢かさはら自治運営協議会. 7・14 笠原写真記録集, 2013.7 福岡県八女市黒木町笠原は黒木町の北部、星野村と接する377戸の中山間地です。この地域では、過去の1953年(昭和28年)の災害とは比較にならない災害になったと言われています。この被害を語り伝えるために、この写真記録集が作成されました。

【科研C 2013-2015】災害復旧支援におけるボランティアツーリズムの変容

平成24年九州北部豪雨における農林地復旧支援行ったボランティアを対象に、平常時および災害時のツーリズム活動、ボランティア活動の変容について調査を実施する。

【科研B(分担)2012-2014】貧困と森林消失のポリティカル・エコロジーに関する研究

この研究の上位目標は貧困が原因となり引き起こされる環境問題のメカニズムの解明にある。研究の具体的対象は、バングラデシュ・テクナフ半島の森林消失である。かつての大規模な乱伐、盗伐によって多くが破壊されたこの地域の森林は、そのような行為が停止したのちも再生を果たしていない。つまり、森林破壊は行為者を変えて継続していると考えられる。そのため、この研究の第1 の目的は、ポリティカル・エコロジーの枠組みで、対象地域の貧困層住民の生業などの日常活動と森林消失の関係、あるいは森林再生が妨げられるメカニズムを明らかにすることである。さらに、森林消失と貧困の関係の知見をもとに、単なる自然保護策ではなく、貧困層の生計は担保しつつ森林再生を可能にするメソドロジーを考察することが第二の目的である。

2012年9月に実施した概況調査について、少しブログで紹介しました。

2013年8月のICEAB2013での研究報告の様子をUPしました。

【共同研究(分担)2012】日台被災コミュニティにおける自立復興

被災コミュニティによる復興に関する文献収集、及び、文献調査・研究を行う。並行して、台湾埔里桃米村などの自立復興の現場にて、参与観察・研修等を行い、自立復興の方法と要素を探る。また、日本と台湾における「被災コミュニティによる復興」フォーラムの開催を通して経験の交換を行う。

本プロジェクトを開始する前に、台湾の美濃で行った山村塾の紹介講演の動画です。

【部局内プロジェクト研究2011】縮小社会の生活環境圏デザインの研究

日本では人口減少が進んでいます。この社会の縮小局面で人間の居住、生存を確かにし豊かにするためには、従来の拡大社会モデルではない新たな生活環境圏のデザインが求められているといえます。本研究は、中山間地・島嶼部で、希望する人が継続して居住するための新しい生活環境圏モデルをデザインすることを目的としています。今年度は、スペインのウェスカ地域と福岡県八女市黒木町の山村を対象に比較研究を進めています。代表は、谷正和准教授、他4名で実施。

2012年3月に実施したスペインの調査風景はこちら
2011年11月に実施したスペインの調査風景はこちら

【科研 2008-2011】インタープリター向けの環境保全管理型リーダートレーニングの開発

本研究は、環境教育を主務とするインタープリターへの技術習得プログラムの開発を目的とした研究です。「手入れ」を必要とする日本の里地・里山では、「環境管理」を行える人材が求められています。実践的な環境保全活動リーダーを育成してきた英国のBTCVのこれまでの調査を延長し、オーストラリアのCVA、アメリカのConservation Corpの人材育成プログラムの調査を進めています。また、主テーマとしている「環境教育」を主務とするインタープリターを対象とした場合の本プログラムのあり方について研究を進めています。H21年度は、岐阜県立森林文化アカデミーでワークショップを実施しました。

2011年9月の米国EarthCorps調査のTopicをブログに掲載しています。

2010年3月のCVA調査のTOPICをブロクに連載中

関連論文 BTCV Standards Leader Training Program for Environmental Conservation Volunteers in Japan

【共同研究 2009-2011】南区健康・自然環境系市民ボランティア活動団体の一般向け活動暦リーフレットの作成可能性に関する研究

本研究は、芸術工学研究院と福岡市南区の共同研究の一環として、区内の健康・自然環境系の市民活動について、「いつでも、誰でも参加できる」活動提供および季節ごとの情報提供可能性に関する調査を進めています。例えば、英国ではあちこちにガイドウォークや保全活動のリーフレットが置かれており、誰でも参加できる機会が提供されています。日本のこれらの活動は、まだまだ一般参加に対する機会提供が十分とは感じられません。様々な自然や暮らしの社会化と世論形成活動システムの在り方について研究を進めています。

2011年後期、環境保全論にサービスラーニングを取り入れ、南区の緑の活動への参加を始めました。詳細はこちら。共同リーフレット「健康と緑の休日」に関する情報はこちら。

【共同研究 2010~2011】バングラデシュ・テクナフ半島における「里山」モデルによる生物多様性管理の研究

貧困層の生業活動が原因で生物多様性の減少が問題となっているバングラデシュのテクナフ半島ECA(環境重要地域)を研究対象とし、途上国という社会的脈絡の中で、大多数の貧困層の住民の生活を犠牲にせず、同時に生物多様性が持続的に維持されるモデルを構築することを目的としています。

2010年3月調査のTOPICをブログに連載中

九州北部都市近郊林における林床植生と落葉広葉樹の保全に関する研究

本研究は福岡市の緑地保全地区のシイ・カシ萌芽林を対象に健全な都市林の形成を目的としています。これまで本研究室では、常緑広葉樹種により被圧され消失しつつある落葉広葉樹種の保全に関する研究を進めてきました。しかしながら一方で林内の足元を見てみると、光不足や人の踏圧等の影響による林床植生の欠落が少なくありません。2009年度より林床植生を対象とした調査を進めています。

空中写真画像を用いた九州北部里山林の樹冠情報抽出に関する研究

英国BTCVのリーダー育成システムに関する研究

【小国町-芸術工学研究院共同研究 2003-2008】小国ブランド創生プロジェクト

自然系の担当として関わり、下記の2冊の報告書を出しています。
・重松敏則、朝廣和夫、梶原領太、高丘敦子、松延康貴,平成19年度小国ブランド創生プロジェクト調査研究 森林資源を生かしたウォーキングロードの調査事業報告書,九州大学大学院芸術工学研究院環境計画部門重松研究室、小国町,2008.03.
・重松敏則、朝廣和夫、梶原領太,平成17年度小国ブランド創生プロジェクト 次代に遺す小国の風景調査研究事業,2006.03.

一部、トピックをブログに連載しています。

地域自然資源の保全と有機的活用による共生社会の構築とライフシステムに関する基礎的研究

これまでの博士論文(重松先生指導:平成8年~平成20年)

梶原領太:小国町宮原地区における森林植生と里山景観の評価に関する基礎的研究
藤井義久:竹林拡大の動向と実態解析及びその保全と活用に関する研究
上原三知:地域資源の有機的活用による循環型社会システムの確立に関する実証的研究
志賀壮史:山間集落における農林地管理の歴史的変遷と農林地保全に関する計画論的研究

これまでの修士論文(重松先生指導:平成8年~平成20年)

2011_LCLAB_Theme_Direction.jpg  重松研時代から発表されてきた学生の修士論文テーマを一覧表にまとめ、類型を整理し、現在、行っている研究の位置づけ、今後の方向性をブレーンストーミングした内容を報告しました。

下記からダウンロードできます。緑地保全学研究室に興味のある皆様方、参考にしてください。
緑地保全学研究室の修士論文テーマの経緯と現在の取組み
(~H21年度:重松敏則教授主宰、H21年度~:朝廣和夫准教授主宰)

平成26年度

中垣彩音:テクナフ半島における森林と子どもの「仕事」「遊び」との近接性に関する事例研究

平成25年度

甲斐田詩織:平成24年7月九州北部豪雨における八女市黒木町笠原地区の農地の被災分布と環境要因に関する事例研究
波多江愛:福岡市香椎参道における並木への愛着と利用経験に関する事例研究

平成24年度

高橋 裕美:特別緑地保全地区と市民緑地における緑地保全活動と施策の運用について
チョ 慧君:都市近郊林における立地条件と林床植生の保全要因に関する基礎研究
森嶋 直子:時系列にみた子どもの遊び場と里地・里山の変遷と保全の関する事例研究
高田 真由:バングラデシュテクナフ半島の屋敷林の種組成から見た生活環境の把握に関する事例研究

平成23年度

上園 愛美:時系列の地形図解析による農林地の利用変化と継続性に関する事例研究 ~八女市黒木町笠原地区下椿原を事例として~

平成22年度

久保田純平:都市内残存林における経緯度メッシュを用いた植生の図化・分析手法に関する基礎的研究 ~福岡市鴻巣山特別緑地保全地区を事例として~
(A fundamental study about a way of mapping and analyzing vegetation used latitude and longitude mesh in the urban forest reserve)
張明雪:九州北部都市林におけるテイカカズラの分布要因に関する研究 ~福岡市特別緑地保全地区鴻巣山を事例に
岩坂優:スギ.ヒノキ林の群状間伐地におけるコナラ苗の生長要因に関する基礎的研究 ~福岡県八女市黒木町横峰尾共有林における地域連携活動を事例として~
(Basic study on growth factor of Quercus serrata in group selection thinning areas of the Cryptomeria japonica and Chamaecyparis obtusa plantations)

平成20年度

原愛子:農山村における廃校を利用した地域活性プログラムに関する研究
松延康貴:里山景観の保全・復元に関する研究 -福岡県八女郡黒木町笠原地区を事例として

平成19年度

船越亜紀:棚田の石積み修復後の植生回復とヒノキ林間伐による下層植生の発達 -国際里山・田園保全ワーキングホリデーin福岡の活動地を事例に
岡部達也:北部九州の放棄里山林における林冠構造と低木層の種多様性に関する基礎的研究 -グリーンピア八女を事例にして
松藤有希:農林体験プログラムによる青少年を対象とした環境教育活動の展開に関する研究 -福岡県黒木町での活動を事例として
大塚春菜:空撮画像を用いた6,8,11月の画像特性値の傾向と多重オルソフォト画像からの樹冠円抽出法の検証
高丘敦子:小国町旧国鉄沿線の景観資源と自然遊歩道活用に向けた計画提案に関する研究

平成18年度

鬼頭直美:広葉樹植林地における植樹木の成長とその周辺植生に関する研究

平成17年度

梶原領太:熊本県小国町におけるGISを用いた森林現況解析と環境資源評価に関する研究
山崎伸司:環境広告の現状と環境保全活動広報への応用に関する研究

平成16年度

朝野景:都市近郊農林地における公益的機能の回復と持続的な資源活用に関する基礎的研究

平成15年度

西浦千春:農林体験の時間的差異と内容が青少年の農山村環境の認識および充足感に及ぼす効果
平松真由美:都市域における緑地保全政策とその実情 ‐福岡都市圏東部丘陵地を事例として‐
平野加保里:航空写真とGISデータを活用した都市域における建物種及び規模別の解析による屋上緑化の潜在性に関する研究

平成14年度

鳥越久代:福岡県内の3町村における石積の棚田保全の取り組みと所有者の意向について
藤井義久:福岡県新宮町における竹林拡大の動向と実態解析に関する研究
岩本辰一郎:北九州近郊における里山林の伐採年代と林分構造に関する基礎的研究

平成13年度

石津知:市民参加による都市内残存林の保全管理システム形成に関する研究
上原三知:都市近郊農村における農林地の現状と持続的管理システムに関する基礎的研究

平成12年度

前原大輔:福岡市の都市内残存林における変遷と落葉広葉樹4種の生存状況に関する研究
崎田真央:樹林復元を目的とした二次林構成樹種による幹挿しに関する基礎的研究

平成11年度

平野 邦臣:イギリス・ドイツ・日本の3都市における自然環境保全・復元政策の比較研究
小坂元洋介:日本における里山・田園環境保全に携わる市民活動団体の実状 -英国のBTCVを参考事例に-
中村敬:都市内残存林における常緑広葉樹林化の実態およびヤマザクラの着花状況と消長に関する研究
前田博之:自然環境学習の場としてみた地域環境評価

平成9年度

熊谷 愛歌:環境資源としての農林地の評価と有機的な地域利用システム
松岡武尚:護岸工法の差異による河岸植生の回復に関する研究
志賀壮史:山間集落における農林地管理と地域環境の変遷

これまでの卒業論文・卒業設計(朝廣指導:平成19年~、重松先生指導:平成8年~平成20年)

平成27年度

大久保 諭:福岡県那珂川町の山間集落における生活・自然環境に関する一考察
垣迫 りか:佐賀県三瀬クリ園の林床植生の特徴に関する一考察
井出 拓斗:福岡市野河内渓谷における65 年間の紅葉景観の植生変化に関する一考察

平成26年度

神野真由美:中山間地集落における水害の被害要因認識と景観保全に関する研究 -福岡県の平成24年7月九州北部豪雨と新潟県の平成23年7月新潟・福島豪雨を事例として-
伊藤安美:平時のツーリズムと災害後のボランティアツーリズムの相互関係について -平成24年7月九州北部豪雨を受けた八女市星野村を事例に-
大迫 佑貴:中山間地域における共助の利用施設に関する研究 ‐平成24年7月九州北部豪雨における八女市・うきは市を事例に‐
林聡志:仲介者の存在による被災地と共助団体のあり方と復興に関する研究 ‐平成24年7月九州北部豪雨における八女市・うきは市を事例に‐

平成25年度

岩永智美:シイ・カシ林における萌芽木の分布と保全価値に関する事例研究 ‐福岡市鴻巣山特別緑地保全地区を対象として-

平成24年度

朝倉 一揮:スギ・ヒノキ人工林の群状間伐地におけるコナラ苗の成長とその周辺植生の再生に関する研究 ~福岡県八女市黒木町横峰尾共有林における地域連携活動を事例として~
中垣 彩音:バングラデシュ・テクナフ半島のSocial Forestの分布と森林タイプに関する考察

平成23年度

甲斐田 詩織:ヤマザクラモニタリングデータの視覚化による保全活動の推進に関する基礎的研究
波多江 愛:参道並木の保全要因に関する基礎的研究 -福岡市東区香椎参道を事例として-

平成22年度

釘宮 千穂:福岡市南区におけるいつでも誰でも参加できる緑の活動に関する研究
高田 真由:バングラデシュ南部、テクナフ半島西海岸の屋敷林とその植物についての基礎的研究-マリシュバニア村において
高橋 裕美:福岡市及び他都市の都市緑地の保全施策に関する比較考察  (社)日本都市計画学会九州支部平成22年度支部長賞受賞

平成21年度

駒居 裕希:幣の松原における小道の環境評価について

平成20年度

岩坂優:福岡県八女群黒木町の群状間伐地における森づくりに関する研究市民活動、助成団体、地域の連携によるパッチワークの森づくりの可能性を展望して
秋吉 麻未:西表島の開拓集落における屋敷林の変遷と保全に関する研究  1970年度調査との比較による
久保田 純平:西表島におけるイタジイ二次林の遷移に関する研究
高野 美紗子:西表島の伝統的集落における屋敷林の変遷と保全に関する研究1970年度調査との比較による

平成19年度

草場千里:農山村における体験交流施設周辺の土地利用と農事の現況 -福岡県八女郡黒木町体験交流施設「えがおの森」を事例として
松永亜澄:森林構造と下層植生の発達について -黒木町におけるヒノキ林及びコナラ林を事例として

平成18年度

原愛子:里山保健休養林の実状と保全・活用について -グリーンピア八女を事例として

平成17年度

船越亜紀:志摩町火山における里山植生の変遷と現状について -地域住民による里山再生計画
岡部達也:木造家屋の草屋根緑化に関する基礎的研究
松藤有希:農山村を活用した青少年向けの環境教育体験プログラムについて
大塚春菜:志摩町姫島における土地利用および植生の変遷と保全活用試案

平成15年度

梶原領太:都市内残存林における間伐後の環境動態と萌芽再生
山崎伸司:前原市自然生態園計画 -都市近郊農村に残存する自然環境の在り方に対する提言-

平成14年度

塩田久美子:人為的インパクトが海浜植生に及ぼす影響について

平成13年度

平松真由美:農の学校

平成12年度

鳥越久代:A Study on Non-Profit Organizations Involved in Conservation Activities and Social Advocacy, in California
山本祐介:福岡市東部丘陵緑地の保全と活用に関する基礎研究

平成11年度

石津知:小郡市花立山地区における里山林の実態と保全管理について
上原三知:相島における地域資源の保全と有機的活用に関する研究

平成10年度

前原大輔:立地条件の差違が植生に及ぼす影響と未来予測に関する研究
川内 卓郎:伊良原集落計画 ~ダム水没地における山間集落の生活再建~
小森耕太:市民参加による里山・田園保全活動の分析
崎田真央:樹林復元を目的とした幹挿しに関する基礎的研究
江崎 朝子:都市周辺地域における緑農地の維持と展開
布目久美子:志免五坑ぼた山における植生回復状況とその保全活用に関する考察

平成9年度

中村敬:鴻巣山緑地保全地区の森林保全及び管理手法に関する研究
前田博之:EARTH for ALL この地球ではヒトも環境資源である ~都市域における環境学習戦略~
小川剛:航空写真を主体とした都市近郊林の環境分析と機能評価に関する研究
岩本史緒:都市における持続的な生活の場としての地域環境設計とコミュニティ形成に関する考察
津川 彩良:既存樹の幹挿しによる樹林復元に関する研究
佐々木祐二:農山村における地域資源の保全と有機的活用に関する研究

平成8年度

平野 邦臣:春日市ビオトープネットワーク計画
小坂元洋介:里山・田園環境保全のための市民活動団体の実状とネットワークに関する研究
上田綾:福岡市油山自然観察の森における環境教育プログラムについて
持田智弘:英国の農村整備の事例と那珂川町安徳台における環境保全プロジェクトの策定